ユーザ用ツール

サイト用ツール


その他:用語解説

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
その他:用語解説 [2019/08/16 12:13]
薙@97.73
その他:用語解説 [2020/05/12 16:11] (現在)
test
ライン 9: ライン 9:
   ; あいあーる[IR] ​   ; あいあーる[IR] ​
     : (用語:店舗対抗IR)\\ ​     : (用語:店舗対抗IR)\\ ​
-    : インターネットランキングの略。 +    : 全国の猛者たちと課題曲のスコアを競い合う大会「**インターネットランキング**」
-    : インターネットランキングは、全国の猛者たちと課題曲のスコアを競い合う大会の一種+
     : ポップンでは外伝作ミッキーチューンズ「!」からIRが始まり、本編ではAC5のチャレンジモードで行われたのが最初となる。     : ポップンでは外伝作ミッキーチューンズ「!」からIRが始まり、本編ではAC5のチャレンジモードで行われたのが最初となる。
-    : ポップン6~17ではEXPERTモードで規定のエキスパートコースの点数を競った(18よりEXPERTモードは廃止) +    : ポップン6~17ではEXPERTモードで規定のエキスパートコースの点数を競った 
-    : ポップン18から超チャレンジモード20ではNORMAL・9ボタンを選択し「IRカテゴリ」と呼ばれる専用のカテゴリに入っている曲から選択することで参加できる(該当曲を他のカテゴリで選ぶと参加できないので注意)。なおIRカテゴリはEXステージでは出現しないめ、1プレイで筐体の設定曲数分まで挑戦できる。EX譜面はあらかじめ解禁させておかなくてもプレイ可能。 +    : ポップン18~20では超チャレンジモード(20ではNORMAL・9ボタン)を選択し「IRカテゴリ」から課題曲を選択することで参加できた。 
-    : ラピストリアでは久方振りに復活したコースモードで数回に渡ってIRが行われたが、エクラル再び廃止されている。 +    : ラピストリアでは久方振りに復活したコースモードで数回に渡ってIRが行われた。 
-    : その他、KACに合わせ予選ラウンドイベントが開催されることもあり、こちらもIRに近い形式になっている。 +    : うさ猫はうさ猫スコアチャレンジ(peaceではポップンスコアチャレンジ)という名称に変更され、専用カテゴリから課題曲を選択することで参加できる。 
-    : また上記とは別に「店舗対抗IR」も行われており、こちらは期間中において、各店舗ごとの隠し曲の解禁の速さを全国大会の一種。 +      : その他、KACに合わせ予選ラウンドイベントが開催されることもあり、こちらもIRに近い形式になっている。 
-    : のような個人のやり込みイベントではなく、大勢のユーザーで協力して挑んで店舗別に楽曲を解禁するイベントだった。+    : また上記とは別に「店舗対抗IR」も行われていた。こちらは期間中において、各店舗ごとの隠し曲の解禁の速さを全国大会の一種。 
 +    : 現在のような個人単位のやり込みイベントではなく、大勢のユーザーで協力して挑んで店舗別に楽曲を解禁するイベントだった。
     : こちらはAC6から行われ、AC14を最後に廃止。AC15以降の作品では個別に解禁する形式に変化した。     : こちらはAC6から行われ、AC14を最後に廃止。AC15以降の作品では個別に解禁する形式に変化した。
-    : しかしIR形式でこそないものの、SunnyParkの「みんなでつくって20 も~いっかい♪」では久しぶりに店舗別の楽曲解禁イベントが行われた。 +    : しかしIR形式でこそないものの、SunnyParkの「みんなでつくって20 も~いっかい♪」では、数年ぶりに店舗別の楽曲解禁イベントが行われた。
-    : うさねこではうさ猫スコアチャレンジという名称に変更されている。曲も過去のバージョンのものが多く、IIDXで言うところの『WEEKLY RANKING』と似たような感じになった。+
  
   ; あご[顎] ​   ; あご[顎] ​
ライン 131: ライン 130:
   ; えきすぱーどもーど[EXPERT MODE]    ; えきすぱーどもーど[EXPERT MODE] 
     : テーマ別にまとめられたコース毎に、1コースを構成する全4曲のスコアの合計値を追求するやりこみモード。     : テーマ別にまとめられたコース毎に、1コースを構成する全4曲のスコアの合計値を追求するやりこみモード。
 +    : AC18からは廃止され、インターネットランキングは超チャレンジで開催する方式に変更となった。
 +    : それから5作後のACラピストリアで「コースモード」と名を変えて復活した。その際にフルコン・パフェを取った場合はクリアメダルが反映されるようになった。
     : ゲージはEXステージと同じ減少型でCOOL判定あり。稼動後しばらくしてから行われるIRはこのモードで開催されていた。     : ゲージはEXステージと同じ減少型でCOOL判定あり。稼動後しばらくしてから行われるIRはこのモードで開催されていた。
     : IRの課題曲はデフォルトの新曲で構成され、隠し曲解禁イベントが終了すると同時に毎回恒例のHELLコースが追加されるのが定番。     : IRの課題曲はデフォルトの新曲で構成され、隠し曲解禁イベントが終了すると同時に毎回恒例のHELLコースが追加されるのが定番。
ライン 141: ライン 142:
     : なお、このモードでは通常モードで未クリアの曲でフルコン・パフェを取っても曲個別のクリアメダルには反映されない。     : なお、このモードでは通常モードで未クリアの曲でフルコン・パフェを取っても曲個別のクリアメダルには反映されない。
     : (コース別にクリアメダルが付くのみ)     : (コース別にクリアメダルが付くのみ)
-    : AC18からは廃止され、インターネットランキングは超チャレンジで開催する方式に変更となった。 
-    : それから5作後のACラピストリアで「コースモード」と名を変えて復活した。その際にフルコン・パフェを取った場合はクリアメダルが反映されるようになった。 
  
   ; えくすとらすてーじ[EXTRA STAGE] ​   ; えくすとらすてーじ[EXTRA STAGE] ​
ライン 165: ライン 164:
     : 公式ブログ→http://​mp.i-revo.jp/​user.php/​popn-music/​entry/​74.html     : 公式ブログ→http://​mp.i-revo.jp/​user.php/​popn-music/​entry/​74.html
     : SunnyParkではEX常駐条件が変更されたことを受けてか、クリアした曲単位でポイントが貯まるシステムになった。1プレーでのEXTRA進出条件がかなり厳しくなった反面、2プレー以上での進出はかなり楽になっている。     : SunnyParkではEX常駐条件が変更されたことを受けてか、クリアした曲単位でポイントが貯まるシステムになった。1プレーでのEXTRA進出条件がかなり厳しくなった反面、2プレー以上での進出はかなり楽になっている。
-    : ラピストリアではさ条件が簡略化され、1曲クリアする度に「EXTRA」の文字を1文字ずつ獲得し、文字が揃ったら進出というものになった。これにより、1プレーでのEXTRA進出は不可能になったが、コースモードでも文字が稼げる(コース→ノーマルと交互にプレーすれば安定して4曲ずつ遊べる)などのテクニックもある。+    : ラピストリアら条件が簡略化され、1曲クリアする度に「EXTRA」の文字を1文字ずつ獲得し、文字が揃ったら進出というものになった。これにより、1プレーでのEXTRA進出は不可能になったが、コースモードでも文字が稼げる(コース→ノーマルと交互にプレーすれば安定して4曲ずつ遊べる)などのテクニックもある。
  
   ; えくすとらぽいんと[EXTRA POINT] ​   ; えくすとらぽいんと[EXTRA POINT] ​
ライン 194: ライン 193:
     : </​code>​     : </​code>​
     : の6種類。超チャレンジモードでしか選べないお邪魔もある。     : の6種類。超チャレンジモードでしか選べないお邪魔もある。
 +    : ラピストリアでは1/​3近くも削除されたことで、環境のあおりを受けた要素でもある。
  
 お邪魔の歴史は古く、元は初代ポップンの「ハードモード」及びAC2-4にあった「EXCITEモード」が源流。 お邪魔の歴史は古く、元は初代ポップンの「ハードモード」及びAC2-4にあった「EXCITEモード」が源流。
ライン 369: ライン 369:
     : 高スコアを取るよりも、高難易度曲をクリアすることを得意にしているプレイヤーを指して使う名詞。あんみつなどは普通に使用する人が多い。     : 高スコアを取るよりも、高難易度曲をクリアすることを得意にしているプレイヤーを指して使う名詞。あんみつなどは普通に使用する人が多い。
     : (難易度に関わらず、単純にスコア狙いで曲をプレイしないプレイヤーのことも指す)     : (難易度に関わらず、単純にスコア狙いで曲をプレイしないプレイヤーのことも指す)
 +
 +  ; くりあらんく[クリアランク] ​
 +    : 外伝である「ポップンリズミン」で設けられたスコアによるクリア評価。本家作品でもうさぎと猫と少年の夢から登場。 ​   ​
 +    : 獲得スコアによってS,​AAA,​AA,​A~Eで評価され、AA以上の評価はクリアも必須となる(EASYクリアも有効)。
 +    : eclaleからの記録を受け継いでもクリアランクは自動的に付けられず、うさぎと猫と少年の夢からプレイした内容のみランクが反映される仕様となっている。このため、過去のスコアでSランクでも、うさぎと猫と少年の夢からではAA~AAA評価がやっと、という譜面もしばしば見られる。
  
   ; くーるぱーふぇくと[COOL PERFECT] ​   ; くーるぱーふぇくと[COOL PERFECT] ​
-    : COOL判定が存在するモードにおいて10万点を取ること。通称「クルパフェ」+    : COOL判定が存在するモードにおいて10万点を取ること。通称「クルパフェ」「クルパ
     : 全判定中、最も厳しいのがCOOLであるため、ただパーフェクトを取っただけでは10万点は取れない。     : 全判定中、最も厳しいのがCOOLであるため、ただパーフェクトを取っただけでは10万点は取れない。
     : 全てのノートをCOOL判定で拾う、すなわちBAD,​GOOD,​GREATの全てを0にする必要があるため、より一層の精密な技術と高い集中力が求められる。     : 全てのノートをCOOL判定で拾う、すなわちBAD,​GOOD,​GREATの全てを0にする必要があるため、より一層の精密な技術と高い集中力が求められる。
-    : IRランキングにおいては、各コース4曲10万点で40万満点を叩き出すつわもの達は普通にゴロゴロしている。 +    : IRランキングにおいては、各コース4曲10万点で40万満点を叩き出すつわもの達は普通にゴロゴロしている(AC17のIRでは開催からわずか数日で40万点達成者が出た)
-    : (AC17のIRでは開催からわずか数日で40万点達成者が出てしまっ模様)+
     : もちろん、パーフェクトの条件自体は「BAD,​GOODを0にすること」なので、超チャレンジで同様の条件を満たせばパーフェクトメダルは付けられる     : もちろん、パーフェクトの条件自体は「BAD,​GOODを0にすること」なので、超チャレンジで同様の条件を満たせばパーフェクトメダルは付けられる
     : (エキスパートモードでは曲個別のクリアメダルはつかない)     : (エキスパートモードでは曲個別のクリアメダルはつかない)
     : ポップン20で**「COOL PERFECT」というEPボーナスとして、公式で認められるようになった**。このとき達成すると700EPという破格のポイントを得られる。     : ポップン20で**「COOL PERFECT」というEPボーナスとして、公式で認められるようになった**。このとき達成すると700EPという破格のポイントを得られる。
-    : オプション環境が向上したラピストリアからは、中にはポップン歴が1年少しでクールパーフェクトを出したという人もいるくら・・・!?+    ​: ポップンeclaleで、KAC優勝者のTATSUによるクールパーフェクト達成のプレイ動画・リザルトを個人で投稿したツイートに、コナミおよびポップン公式がリツイートするという異例の反応をしたことがあった。 
 +    ​: オプション環境が向上したラピストリアからは、中にはポップン歴が1年少しでクールパーフェクトを出したという人もいるほど。達成した場合は本人の情熱や努力が望まれる。
  
   ; くろす[クロス] ​   ; くろす[クロス] ​
ライン 401: ライン 406:
     : ただし、KONAMI IDの発行やe-AMUSEMENT PASSの登録、設置店舗情報の閲覧は非会員でも出来る。     : ただし、KONAMI IDの発行やe-AMUSEMENT PASSの登録、設置店舗情報の閲覧は非会員でも出来る。
     : ちなみに、退会してもそのバージョンの間はポプとも機能は利用可能(設定の変更は出来ない)。スマートフォンには対応していない。     : ちなみに、退会してもそのバージョンの間はポプとも機能は利用可能(設定の変更は出来ない)。スマートフォンには対応していない。
-    : しかしe-AMUSUMENTがスマートフォンの普及といった近年のモバイルコンテンツの変化に対応するため、スマホ対応新コンテンツ「e-AMUSUMENT GATE」へと完全移行するため、2012年3月末で上記の携帯サイト内のe-AMUSEMENTサービスは終了する+    : しかしe-AMUSUMENTがスマートフォンの普及といった近年のモバイルコンテンツの変化に対応するため、スマホ対応新コンテンツ「e-AMUSUMENT GATE」へと完全移行するため、2012年3月末で上記の携帯サイト内のe-AMUSEMENTサービスは終了。
  
  
ライン 409: ライン 414:
     : 基本的に稼動初期~中期の水曜日午後3時頃に更新。更新が無かったり、夕方以降や別の日に更新されることもある。     : 基本的に稼動初期~中期の水曜日午後3時頃に更新。更新が無かったり、夕方以降や別の日に更新されることもある。
     : ちょっとした内容については、ポップンミュージックSTAFFブログでも行なっている。     : ちょっとした内容については、ポップンミュージックSTAFFブログでも行なっている。
 +    : 2018年10月にコナミ公式サイトの整理の影響もあってか、SunnyParkまでの過去サイトが消滅し、突然の消滅の件で批判が集まっている。
  
   ; こうそくすらいど[高速スライド] ​   ; こうそくすらいど[高速スライド] ​
ライン 558: ライン 564:
     : 長らくAC15のみではあったが、AC19のタウンモードで再登場を果たした。ただし今回はラブリー・QMAのお邪魔のような、ポップ君が流れるレーン周りのフレームが変化する形で、演奏画面全体のフレーム自体は変化しない。     : 長らくAC15のみではあったが、AC19のタウンモードで再登場を果たした。ただし今回はラブリー・QMAのお邪魔のような、ポップ君が流れるレーン周りのフレームが変化する形で、演奏画面全体のフレーム自体は変化しない。
     : AC15とは異なって、カード認証後のキャラクター・メダル数表示画面でもセッティングが可能になった。     : AC15とは異なって、カード認証後のキャラクター・メダル数表示画面でもセッティングが可能になった。
-    : 熱帯では従来のスキンに近いデザインのスキンで固定されているため、練習のために結局は従来のスキンに戻してしまうという人も多い。しかし、**ポップン19では設定したスキンが熱帯でも反映されるようになった**。+    : 熱帯では従来のスキンに近いデザインのスキンで固定されているため、練習のために結局は従来のスキンに戻してしまうという人も多い。しかし、**ポップン19では設定したスキンが熱帯でも反映された**。
  
  
ライン 584: ライン 590:
     : 乱と比較すると、練習目的という観点ではかなり限定的だが、明確にクリア難易度が定められた非公式の難易度表があるため、(主に適正Lv47以上で)専用カードを作ったりしてクリア埋めをするプレイヤーも少なくない。なお、Lv50の面々とスケールアウト以外の主な楽曲はいずれもクリア者がいる模様。     : 乱と比較すると、練習目的という観点ではかなり限定的だが、明確にクリア難易度が定められた非公式の難易度表があるため、(主に適正Lv47以上で)専用カードを作ったりしてクリア埋めをするプレイヤーも少なくない。なお、Lv50の面々とスケールアウト以外の主な楽曲はいずれもクリア者がいる模様。
  
-  ; すーぱーえくすとらすてーじ[S-EXTRA STAGE] ​+  ; すーぱーえくすとらすてーじ[S-EXTRA STAGE,SUPER EXTRA
     : 超チャレンジモードにおけるEXTRAステージ。     : 超チャレンジモードにおけるEXTRAステージ。
     : チャレンジモードのEXTRAステージと違うところはゲージが通常ステージと同様のゲージなので、通常ステージと同じようにクリアすればクリアメダルが付けられる。(ただし新曲EX譜面の常駐のためにはクリアすることが必要)     : チャレンジモードのEXTRAステージと違うところはゲージが通常ステージと同様のゲージなので、通常ステージと同じようにクリアすればクリアメダルが付けられる。(ただし新曲EX譜面の常駐のためにはクリアすることが必要)
ライン 953: ライン 959:
  
   ; びーぴーえむ[BPM] ​   ; びーぴーえむ[BPM] ​
-    : BeatPerMinutesの頭文字を取った略称。ビジネスプロセスマネジメントの略ではない。+    : **Beat Per Minutes**の頭文字を取った略称。ビジネスプロセスマネジメントの略ではない。
     : 意味は一分間中に現れる拍子の数を表す数値。4/4拍子なら1拍子が4分音符一つと同じなのでBPM=120ならば1分間に4分音符が120個、1秒間に2個。     : 意味は一分間中に現れる拍子の数を表す数値。4/4拍子なら1拍子が4分音符一つと同じなのでBPM=120ならば1分間に4分音符が120個、1秒間に2個。
     : 大体の曲がBPM120~180。基本的にBPMが大きいほど曲のテンポが速い。曲中にBPMが変わるものもある。(「ソフラン」参照)この値によってHSを変えよう。     : 大体の曲がBPM120~180。基本的にBPMが大きいほど曲のテンポが速い。曲中にBPMが変わるものもある。(「ソフラン」参照)この値によってHSを変えよう。
     : ちなみに、現行ACポップンではBPMの最低は8(ポップン体操EXの一部)、     : ちなみに、現行ACポップンではBPMの最低は8(ポップン体操EXの一部)、
-    : 最高は740(ニンジャヒロインEXの一部)。ソフランなしでは最低は70(キャバレー)、最高は379スクリーン)である。+    : 最高は740(ニンジャヒロインEXの一部)。ソフランなしでは最低は70(キャバレー)、最高は400Funky Sonic World)である。
     : 実際の話、音楽理論的にはまずBPM300以上はめったにない。BPMは200近辺が上限で拍子記号等によってリズムを調整するのが通例である。     : 実際の話、音楽理論的にはまずBPM300以上はめったにない。BPMは200近辺が上限で拍子記号等によってリズムを調整するのが通例である。
     : 音ゲー全般に言えることだが『HSや譜面の詰まり、ゲームを面白くする関係上』便宜的に200を大幅に超えるBPMが幾つも存在しているため、音ゲーでのBPMと実際の音楽のBPMは別物だと考えたほうが良いだろう。     : 音ゲー全般に言えることだが『HSや譜面の詰まり、ゲームを面白くする関係上』便宜的に200を大幅に超えるBPMが幾つも存在しているため、音ゲーでのBPMと実際の音楽のBPMは別物だと考えたほうが良いだろう。
ライン 1085: ライン 1091:
     : ポップンカード導入店舗では、ポップンカード排出の上1曲設定でプレーする事も出来る。     : ポップンカード導入店舗では、ポップンカード排出の上1曲設定でプレーする事も出来る。
     : 新たなプレイヤー層の獲得に繋がって要るが、順番待ちマナーなどでのトラブルや連動企画時のカードの扱いを巡る問題もある     : 新たなプレイヤー層の獲得に繋がって要るが、順番待ちマナーなどでのトラブルや連動企画時のカードの扱いを巡る問題もある
 +    : うさぎと猫と少年の夢の第1弾を持ってシリーズは終了したが、2019年12月から稼働開始したカードコネクトに受け継がれることとなった。
  
   ; ぽぷとも[ポプとも] ​   ; ぽぷとも[ポプとも] ​
ライン 1131: ライン 1138:
  
   ; むんちゃ(ふめん)[ムンチャ(譜面)] ​   ; むんちゃ(ふめん)[ムンチャ(譜面)] ​
-    : beatmania IIDX 9th style初出のmoon_childという楽曲を由来とする+    : beatmania IIDX 9th style初出のmoon_childという楽曲を由来し、ポップンにもうさぎ猫と少年の夢で遂に移植されて登場。
     : もう片方の手側にも降って来るため片手で螺旋階段を押さなければならない譜面。     : もう片方の手側にも降って来るため片手で螺旋階段を押さなければならない譜面。
  
ライン 1155: ライン 1162:
     : プレイスタイルの一種。ピアノを弾くかの如く指で押す。     : プレイスタイルの一種。ピアノを弾くかの如く指で押す。
     : 一般的にボタンを押す音が出にくいプレイスタイルなので他プレイヤーに好印象なことが多い。     : 一般的にボタンを押す音が出にくいプレイスタイルなので他プレイヤーに好印象なことが多い。
-    : 交互押しや階段譜面にはかなり有利なプレイスタイル。突き指には注意。+    : 交互押しや階段譜面、ロングポップ処理にはかなり有利なプレイスタイル。突き指には注意。
  
   ; ゆとりはんてい[ゆとり判定] ​   ; ゆとりはんてい[ゆとり判定] ​
ライン 1205: ライン 1212:
     : ラインが入れ替わって固定という特性がよくわかるのが、交互連打が多い曲にかけた場合。     : ラインが入れ替わって固定という特性がよくわかるのが、交互連打が多い曲にかけた場合。
     : 交互連打自体は崩れないが、2個以上の同時押しで交互連打させるパターンなどの場合、降ってくるラインが一か所に固まらずにバラけてしまうと無理押しになってしまう。     : 交互連打自体は崩れないが、2個以上の同時押しで交互連打させるパターンなどの場合、降ってくるラインが一か所に固まらずにバラけてしまうと無理押しになってしまう。
 +    : 毎回譜面の配置が変わるため、癖を付けにくいというメリットはある。 
 +    ​
   ; らんだむ[ランダム] ​   ; らんだむ[ランダム] ​
     : ①オプションのランダムのこと。1つ上の項目を参照。     : ①オプションのランダムのこと。1つ上の項目を参照。
その他/用語解説.1565925181.txt.gz · 最終更新: 2019/08/16 12:13 by 薙@97.73